通販で医薬品を買うなら、まずここを読んで!賢く購入するための総合情報サイト

医薬品通販を徹底解説!購入できる医薬品ってどんなもの?

薬機法はこんなところにもかかわっています

ネット通販が世に浸透し始めたばかりの頃、あなたはこんなことを思ったことはないでしょうか?
「ネットで薬が買えたらいいのに」と。
今でこそ買える種類に制限があるものの、医薬品はクリックひとつで簡単に購入できるようになりました。
しかし、そこに至るまでのサイト運営者側の深い企業努力をあなたはご存知でしょうか?
それは、買い物弱者と呼ばれる方々の諸事情を知った通販サイト運営者が、国や法律を相手取り最高裁まで争って頑張った結果、ようやく法律改正によってある程度までできるようになった、という大きな第一歩を踏み出すことでした。

買い物弱者、例えば地方都市の山間部に住む高齢者を想像してみてください。
彼らは食料品購入でさえ、遠い道のりを車で移動しなければなりません。
なぜなら近所に買い物できる店がないからです。

それがここ近年、都市部の高齢者にも同じような現象が起きています。
近所のスーパーが閉店してしまった。
買うためには1時間も2時間もかけて、歩いたりバスに乗ったり。

ましてやそれが医薬品であったならどうでしょう?
熱があるのにつらい身体を押して、風邪薬を買いに行く。
そんなに大変なことができるでしょうか?

そんな諸事情を知った通販サイト運営会社は、さまざまな検討をし通販で購入できる方法を構築しました。
そこに立ちはだかったのが薬事法です。
構築した仕組みを世に送り出すためには、まず国を動かす、つまり法律の改正が必要でした。
利益追求が本来の目的である企業体が法律改正を唱えることは、国を相手取るわけですから、さまざまな困難が伴います。
それでもどうにかしたい。
その一念で動いた企業体の努力によって、今、私たちがこうしてその恩恵を受けることが出来るのは、とても素晴らしいことですよね。

医薬品を通販で買う、その背景にあるもの

薬機法、旧薬事法は医薬品だけでなく、健康食品や医療機器など多岐に渡り絡んでくる法律です。 中にはそんなものまで、と思うようなものまでありますが、そもそも薬機法とはなぜ制定されているのでしょうか。 あなたももしかしたら、法律的にアウトなことをやったり、言ったりしているかも。 この機会にぜひ覚えてくださいね。

医薬品通販のメリット、デメリットを検証する

医薬品は人間あるいはペットなどの動物の利用がそのほとんどかと思いますが、通販はその医薬品にかかる説明の判断について、自分で責任を負わねばなりません。 そんな厳しさもあるのですが、賢く知ることの恩恵は計り知れません。対面販売との違いをしっかり覚えてお役立てくださいね。

今の医薬品通販はこうなっている

薬事法及び薬剤師法の一部改正が平成26年(2014)に施行されました。 それにより、一般用医薬品はほとんどがネット販売可となり、たくさんの通販サイトが取り扱いを開始しました。 また対面販売を行ってきたドラッグストア、薬局薬店でさえ、自社のサイトを立ち上げネット通販も取り扱う方向へと舵を切ったのです。